CASE  STUDY
事例の紹介

株式会社 福田農場 様

ページ作成 ストア管理

熊本県下初の観光農園。農業の特性を生かし、地域を代表する特産品甘夏のジュース製造やサングリア、シロップなどの製造を手掛ける株式会社 福田農場 様の事例をご紹介します。

当社へご依頼頂く前、
何にお困りだったのか教えてください。

専門の知識を持ったスタッフが退職してしまい、ページは構築していたものの、ページの更新、広告運用が滞っている状況でした。
加えて、もともとBtoBによる売上が大半を占めていた中、コロナ禍の影響が大きく響いており、BtoC への取り組みを強化していくことが課題となっていました。

▲ 福田農場様のAmazonストアページ

最終的に当社へ依頼しようと思った、
決め手を教えてください。

どんな些細な疑問に関しても丁寧に、かつ素早く対応していただいたこと。また熊本有数の食品ECとしての実績に惹かれました。他のECコンサルの会社さんは自社でECをやっているわけではないので、いずれズレが生じるかと。
自社ECの泥臭い経験に基づくアドバイスは説得力もあるし、実際に効果もありました。

▲ 弊社デザインスタッフが作成

率直なご感想を教えてください。

社員たちのスキル向上や刺激に

やる気に満ちたRITAさんのスタッフと毎日のようにやり取りすることで、弊社スタッフのスキル、モチベーションも上がってきているように感じます。日々の繰り返しになりがちな中で、新しい情報や提案を次から次にしてくださって、とても助かっています。

お客様視点の商品紹介

ページを作成する際、商品の強み、使用シーンなどが的確に反映して頂いているため、新規に購買頂くお客様が増えています。これでお客様にとって響く情報か分からない中、担当のMさんが、他社分析や市場動向調査なども行って頂いているからだと感じます。

次の一手が打てるようになった

これまで前任者が居たとはいえ、専門の勉強をした人間でもなかったこともあり、やりながらも分かっていない部分も多くありました。今思うと、なんとなく売れていた状態で、次の一手が暗中模索状態でした。ですが、運営をお願いするようになって、月次mtgの時などに、当社Amazonショップの現状分析や市場動向、広告運用の結果分析、Amazonでの特有の情報など、分析とともに多くの提案を、いつも分かりやすく頂きました。だからこそ、現状とAmazonショップを理解したうえ、次の一手の判断が出来るようになったと感じています。

▲ 株式会社 福田農場 代表取締役 福田 豊樹様